北京の賃貸物件市場は過熱気味

北京の賃貸物件は2010年1月~11月の北京普通住宅の賃貸料は3179元で、前年比23%増だそうです。

賃貸物件市場の過熱を受け、賃貸家屋の大家の多くが契約期間中における家賃の引き上げを求めており、一種の社会問題と化しています。

賃貸に関する法律によれば、契約期間中に賃貸家屋の大家は一方的に家賃を上げてはならないと明確に規定されていますが、同法律は盲目的に家賃を上げる賃貸家屋の大家に対する具体的な処罰規定は存在しないことから、今後も家賃の引き上げは後を絶たないでしょう。

関連記事