不動産バブル崩壊を望む中国人

不動産価格が最低まで下落すればそれが次回の投資チャンスとなることから、不動産バブルの崩壊を望む中国人が多いようです。

しかし、不動産価格が高騰すれば土地を高値で提供できる中国政府にとっては下がり過ぎてもらっては困るわけで、不動産投資を適度に引き締める政策が今後も続くように思いますが、どこまで手綱を握れるか、中国政府の財テク手腕が問われるところです。

関連記事